レギュレーション

・NW3eの用語などは全て忘れよう。
本セッションにおいてNWシリーズで用いられてきた用語は使用されない。
用語は以下に置き換える。

大前提に…
PCはウィザードの存在や世界結果、侵魔や冥魔といった世界の脅威についての知識は一切なく、不可解な事件に巻き込まれ、それに対抗する力を手にした、という程度の認識しかない。難しい事は考えるな、感じろ。というやつである。

[?] ウィザード=バニッシャー
ウィザードという名称は本セッションにおける舞台では浸透しておらず、魔を祓う力を持つもの。即ちバニッシャーと呼ばれている。

[?] エミュレーターなど=イビツ
侵魔はじめすべての異形や魔物はイビツと呼ばれている。イビツはバニッシャーの持つ克魔の力によって撃破できる。

[?] 箒=イビツに対抗できる品
箒とは限らない。イビツに対抗できる品は様々で、銘刀や神器であることもあれば、どこにでもあるようなガラクタが箒の代わりになり得ることもある。

[?] 月衣=見えない羽
バニッシャーが持つ月衣の多くは克魔によって知らされる。ただし固有名詞が確定していないため、飛べることから見えない羽と呼ばれている。

・ルールブックの使用範囲制限
本セッションにおけるキャラクターは基本ルールブックの「アイドル」以外のデータのみで作成すること。
上級ルールブックのクラスの使用はセッションの進行度合いで解放する(初期は電脳使いのみ)。

・独自ルール
≪克魔≫
ハンドアウトにはそれぞれ克魔(コクマ)と呼ばれる固有能力が設定されている。克魔とはPCの中に生まれた異なる意思、特殊ななにかである。克魔の力を引き出すことができるものを「ウィザード」ではなく、「バニッシャー」と呼ぶ。
克魔とは外界との感覚を遮断することで対話が可能であり、触れ得ぬ相棒といった存在である。

◇クラス
クラスの選択については要相談。レギュレーションに沿ったものであれば構わない。


◇キャラクター作成

[?] キャラクター作成時、プレイヤーはメインクラスに選択したクラスは「克魔/克魔名(選択したクラス)」と記載すること。

(例) 克魔が宵の黎でメインクラスが魔剣使いなら……
「克魔/宵の黎(魔剣使い)」

[?] 克魔クラス
[?] キャラクター作成時に選択したメインクラスは通常のメインクラスとまったく同じ扱い、処理を行う上で、以下の幾つかの要素を持つ。

・克魔能力
克魔が持つ特殊能力。キャラクターのGLが1つ上昇するときにクラスの特殊能力ではなくこちらから取得してもよい。

・KL
克魔レベルの略。
キャラクターのGLと同値になる。即ちセッションが進行する度にKLは成長していく。


[?] レギュレーション

PC1
≪旧式ウィッチスティング≫武器
種別:剣(箒,デッキ) 重量:2
部位:片手 射程:至近
浅凪結羽はこの武器を装備している間のみ克魔「宵の黎」の特殊能力を使用できる。
浅凪結羽がとある経緯で手に入れた箒。元の使用者が酷使していたのかかなりボロボロであり、機能不全が見られる。

[装備時能力修正]
攻撃:+1 防御:±0
魔防:-1 回避:-1
行動:-1

≪旧式ウィッチスティング≫装備中、以下の特殊能力が発動する。

≪解析攻撃≫
タイミング:常時
この武器で行った攻撃が対象に命中したとき、あなたの克魔が「宵の黎」ならダメージの有無に関係なく≪邪気白日之元(アナライズ)≫を即座に発動してよい。このとき、エネミー識別判定の基本値にKL点加算して行う。

≪フェインハート≫魔装
種別:メディウム(箒) 重量:15
部位:その他 射程:30m
このアイテムは浅凪結羽のみが装備できる。
このアイテムはクラスに電脳使いを持つキャラクターが装備する場合、重量0の部位を消費しないアイテムになる。
人工無能と呼ばれる端末機に生まれたメディウム。風貌は女子高生のそれで、割とチャラく、そこそこルーズである。

[装備時能力修正]
攻撃:-3 防御:±0
魔攻:+3 魔導:+1 行動:+1
最大HP:-3 最大MP:+8

≪フェインハート≫を装備中、以下の特殊能力の使用が可能になる。

≪共にあるべき力≫特殊能力
タイミング:常時
このアイテムは修正によって能力値が負数になる場合でも装備できる。

≪ゴドーワードI:≫特殊能力
タイミング:効果参照
この特殊能力は「フェインハート」を装備しているときにのみ使用できる。
この特殊能力の名称は≪ゴドーワードI:≫の代わりに任意の名称をつけ、発動できる。
シーン内の対象に「ウィーク」が掛かったときに使用してよい。
次のラウンド中、エネミーは行動済みとなり、特殊能力の宣言を行えない。
敵が怯んだ一瞬の隙にゴドーワードを起動し、固有所持時間の概念を書き換え弱点に集中攻撃を行う。


PC2
≪決戦/剣の獣≫特殊能力
タイミング:セットアップ
代償:2プラーナ
あなたはクライマックス中でかつ≪歪≫を持つエネミーと戦闘になったときに発動してよい。
このシーン中、あなたは全ての装備している射程が至近の武器で同時に攻撃を行うことができる。
このとき修正は負数にならない。
また、≪歪:因子存在≫によってエネミーに適用される、すべての能力値を×10する効果をあなたを含む克魔を持つ味方全員にも適用する。

≪醒するは伝家の宝刀≫特殊能力
タイミング:常時
あなたはプリプレイ時に価格が(100+100)×10000vrのアイテムをひとつ常備化する。この効果で常備化するアイテムはGMの許可があればプリプレイで変更してよい。


PC3 菊名政弘
≪組織の情報網≫特殊能力
タイミング:解説参照
代償:4MP
1シナリオに組織の構成員数まで使用できる。
あなたが情報収集判定を行う時に使用してよい。構成員の力を借り、その判定の達成値に+3する。

≪ラプラスの手帳≫アイテム
種類:手帳
部位:片手
近い未来の出来事を記す奇怪な革張りの手帳。ある骨董品屋からの仕事をこなした際に報酬として送られた品。
あなたはこのアイテムを装備しているとき以下の特殊能力を使用できる。

≪ラプラスの予見(ビジョン)≫特殊能力
タイミング:メジャー
代償:2ラウンドの行動権
あなたは24時間以内にあなたの周囲で起こる全ての事象の情報を漠然と手帳に浮かび上がらせる

≪ラプラスの見解(スケジュール)≫特殊能力
タイミング:メジャー
代償:1プラーナ
≪ラプラスの予見≫を使用し、予見したタイムスケジュール中に行動しているときに使用できる。
付近にイビツが存在する場合、イビツを知覚する。そうでない場合でも痕跡を発見する。


PC4 ≪目立つ≫特殊能力
タイミング:メジャー
代償:2MP
目立つことでエキストラの注意を引く。

≪バインドスペル≫特殊能力
タイミング:メジャー
代償:1プラーナ
この特殊能力は克魔が「シャーヌ」のキャラクターでなければ使用できない。
1シナリオに1回、シーン内単体が特殊能力を使用したときに宣言する。対象の宣言した特殊能力を失敗させ、効果を無効にする。回数は使用させる。