レギュレーション

「クレアシオン」
装身具 重量:1
クロードが唯一もっていた自分の記憶への手がかり?
形状は黒いリストバンド真ん中には等間隔で金色の♢がちりばめられている。
〈~コール〉、〈~ハイロウ〉と名のつくスキルの消費コストを-2、〈ミアズマ〉、と名のつくスキルにおいて任意のEPを消費するスキルを持つ効果のスキルの消費EPを通常の半分の消費で取得しているスキルの通常の効果を発揮できる

リヒト〈第一効果〉
タイミング:パッシブ
サロゲートのみ使用可能
〈~コール〉において召喚された武器の効果の「CL+○」の効果を「〈CL×2〉+○」に変更

リヒト〈第二効果〉
タイミング:オートアクション 
自身の命中判定、魔術判定がクリティカルしたときに宣言可能。
射程内の対象に攻撃を行える、この攻撃の命中判定は自動成功となりダメージロールにクリティカルしたダイスの数×2〈2Dによるクリティカルなら4D〉あらゆるPCのスキルの対象にならない〈マーダースキルのスキルも乗らない〉

ナハト〈第一効果〉
タイミング:パッシブ
ルイネーターのみ取得可能
〈エングレイブド〉取得していた場合
このアイテムはシナリオ中CL点分のEPを所持している

ナハト〈第二効果〉
タイミング:セットアップ
即座に戦闘移動を行うこの時封鎖されていなければエンゲージも離脱し通常の移動値で移
動できるこの時そのエンゲージにいる任意のキャラクター一体にCLD6点のHPロスを与える1シーン1回

カオスウェポン
種別:〈特殊〉 
この武器は戦闘時以下の形状に任意に変化され初期ステータスに変更が入る

「両刃剣〈ダブルセイバー〉」
重量:6 装備部位:両
命中:0  回避:0  攻撃:『CL×3』 行動:-2

《クリミナルエッジ》
タイミング:メジャーアクション  消費EP:2
選択した対象に2回攻撃を行う。
この時の命中判定に+CL/2D、ダメージロールに+CLD
このスキルを使用した攻撃はいかなるルールを持ってもクリティカルは発生しない。
1シーン1回

「両手銃」
重量:4 装備部位:双
命中:+2 回避:‐2 攻撃+『CL×3』 行動:0

《イーブントリガー》
タイミング:メジャーアクション
対象に攻撃を行う。
この攻撃のダメージロールに+CL/2D
この時与えたダメージ/CL(切捨て)分
自身のEPを回復するこの時エングレイブドの所持EP限界を超えた数値は
超えた数値×2点のHPロスとなり自身にあたる1シナリオ1回

「魔法書式」
重量:3 装備部位:方
命中:0 回避:0 攻撃:+『CL』 行動:-1
魔術判定+CL/2D 

《ブラットレイン》
タイミング:効果参照  消費EP:3
自身メジャーアクションで宣言した攻撃する魔術と同時に宣言する
その魔法の対象をシーン(選択)、属性を闇属性に変更し
与えるダメージロールに+CLDする。
このスキルによる攻撃はいかなるルールをもってしてもクリティカルは発生しない。
1シーン1回

《ディテクション》 (チェルニィのメイキングスキル)
パッシブ/メイキング
作成時に感知基本値+3。
獣人種の中でも最古の存在、狐耳族(アウリム)。
先祖帰りか記憶の転生のみでしか現れない特殊な一族。その為か各研究機関の対象になり保護されたりしていたこともある。

《黒転化》 浸食度/100
タイミング:効果参照 コスト-
(発動条件)特定のタイミング(GM宣言)
・クロードのサロゲート時の体力がルイネーターの(CL×2点)以下のHPになった時
・味方PCのHPが0になったとき
以上の条件の何れかが満たされたとき時自動発動
キャラクターデータをルイネーターのものに変更する。メインクラスが同じ場合のみシーン、シナリオ制限がかかったスキル、フェイト以外は完全回復する。この状態のときEPが0になってもNPC化現象は起こらない。
。浸食度3点で1点のEPとして扱い使用できるこの浸食度はキャンペーン中累積し続ける。累積が100になった時NPC化しキャラロストとなる。

サロゲートに戻る方法
クリンナップおよび戦闘終了時に任意で
・サロゲート状態の精神抵抗ジャッチ達成値はルイネーターの〈CL*2〉
・フェイトを3点使用する
・浸食度を10上げる
上記の条件を何れか満たすことで解除